東北芸術工科大学 創造性開発研究センター 高校×芸工大「探究型学習・アクティブラーニング」

  • 芸工大と5つの高大連携
  • ソウゾウリョクと探究型学習
  • 創造性開発研究センター
  • これまでの活動
  • 研究活動の報告

創造性開発研究センター 高校×芸工大「探究型学習・アクティブラーニング」

創造性開発研究センター高校×芸工大「探究型学習・アクティブラーニング」

創造性開発研究センター 高校×芸工大「探究型学習・アクティブラーニング」

研究活動の報告

「中学校デザイン選手権大会」(デザセンJr.)で審査員を務めました

IMG_4101

東北芸術工科大学が主催する、中学生を対象とした社会の問題を解決するためのアイデアを競う大会「中学校デザイン選手権大会」(通称「デザセンJr.」)。全国1000チーム以上からの応募がある「全国高等学校デザイン選手権大会」(通称「デザセン」)の中学生版として、第2回大会が10月22日(土)に開催されました。昨年度に引き続き、創造性開発研究センター研究員の柚木泰彦教授が審査員長、三橋幸次教授が審査員を務めました。

今回の大会では主に山形県内の32チームから、『身近な問題解決から世界を変えよう!』をテーマにしたアイデアが提案されました。なお、大会の結果はこちらからご覧いただけます。