東北芸術工科大学 創造性開発研究センター 高校×芸工大「探究型学習・アクティブラーニング」

  • 芸工大と5つの高大連携
  • ソウゾウリョクと探究型学習
  • 創造性開発研究センター
  • これまでの活動
  • 研究活動の報告

創造性開発研究センター 高校×芸工大「探究型学習・アクティブラーニング」

創造性開発研究センター高校×芸工大「探究型学習・アクティブラーニング」

創造性開発研究センター 高校×芸工大「探究型学習・アクティブラーニング」

研究活動の報告

へんてこらーじゅ@鈴川小学校アートクラブ

「へんてこらーじゅ」まとめ
山形市鈴川小学校アートクラブ 児童25名

11月10日(火)
鈴川小学校のアートクラブの子どもたちとワークショップを行いました。

創造性開発研究センター初の、山形市内の小学校での実施となりました。
数々のクラブ活動の中に、アートクラブがあることも嬉しいですね。

今回のワークショップでの願いは・・・
○アーティストの作品にふれること
○同じ技法で制作をしてみること
です。

東北芸術工科大学 洋画コース講師の鴻崎先生の作品を鑑賞します。
先生の作品を見て息をのみ、じっと見つめる子どもたち。
少し時間が経つと、「あれ?これって・・・」と不思議さに気が付き友だちと会話し始めました。

IMG_6828

この作品と同じように作品を作る練習です。
偶然引き当てた動物の顔と身体を組み合わせると、新しい動物の誕生。
動物の名前、住んでいる所、好きな食べ物など、想像をめぐらせながら言葉にしていきました。

IMG_6836 IMG_6846

次はいよいよ本番。
花、虫、家電、乗り物など、様々な素材で生き物を作っていきます。

IMG_6852 IMG_6855
IMG_6868 IMG_2409
IMG_6866 IMG_6864

子どもたちの集中力、作りたい気持ちが膨らみ時間が足りなくなるほど。
アートクラブの子どもたちの意欲が伝わってきました。

描くだけでなく、切って貼って構成しながら作る作品もある。
実際に手を動かすことで感じとってくれたのではないでしょうか。

新たな技法との出会いのきっかけになってくれることを願っています。

報告者 矢作鹿乃子研究員(こども芸術大学 幼児教育士)