東北芸術工科大学 創造性開発研究センター

  • お知らせ
  • 研究方針
  • 研究活動
  • 芸術思考とデザイン思考
  • センター長メッセージ
  • 共同研究者
  • 研究活動の報告
  • アクセス
  • お問い合わせ

創造性開発研究センター

創造性開発研究センター

創造性開発研究センター

お知らせ

11/28(土)冬のワークショップ開催!

winter_omotewinter_ura

創造性開発研究センターでは秋に引き続き、小学生対象の「冬のワークショップ」を11月28日(土)に開催します。今回は2つのワークショップを実施します!

「A.さわって・たたいて・絵を描こう」は、前回の秋のワークショップで好評いただいた「たたいて!つぶして!大きな絵」の第二弾となります。今回は学年別のグループごとに、クレヨンや絵の具を染み込ませたスポンジなどをどのように布に挟んで、何で叩いて、どんな絵にするかをみんなで話し合い考えながら、大きな絵を制作します。
「B.食べる彫刻「動物ビスケット」」では、山形市の人気のお菓子店「sweets kitchen MOCO-CHOCO」さんにご協力をいただき、ビスケットを作ります。彫刻刀で柔らかな木材を削って好きな動物の型を制作し、型に生地を埋め込んで、動物の形のビスケットを作ります。ビスケット生地はMOCO-CHOCOさん作成の、添加物を使用しないシンプルかつこだわりの生地です。
どちらも楽しく創造体験ができる内容のワークショップとなりますので、みなさんふるってご参加ください!

『2015冬のワークショップ』
日時:平成27年11月28日(土)
場所:やまがた藝術学舎(山形市松見町17-1)
小学生対象/参加費無料
主催:東北芸術工科大学 創造性開発研究センター

A.さわって・たたいて・絵を描こう
大きな布にクレヨンや絵の具をはさんで、作品を作ります。何を、どんな風にはさんでたたくといいか、みんなで考えながら制作しよう!
おしえてくれるひと:矢作鹿乃子先生(こども芸術大学)+青山ひろゆき先生(美術科 洋画コース)
時間:10:00~11:30
対象:小学1年生~6年生
定員:小学1・2年生、3・4年生、5・6年生 各5~6名、計18名程度

B.食べる彫刻「動物ビスケット」
sweets kitchen MOCO-CHOCOの生地を、彫った木型に押し込んで動物ビスケットを作ろう!
おしえてくれるひと:深井聡一郎先生(美術科 工芸コース)+矢作鹿乃子先生(こども芸術大学)
時間:13:00~16:00
対象:小学4年生~6年生
定員:15名

【申込み方法】
申込みはメールにてお願いいたします。メールの件名を「2015冬のワークショップ」とし、本文に以下の必要事項をご記入ください。
①希望するワークショップ名とアルファベット
②お子さまのお名前(ふりがな)
③学校名/学年/年齢/性別
④保護者さまのお名前
⑤電話番号
⑥住所
※お友達も一緒に申込みされる場合は、お友達の分も①~⑥を記載してください。

申込み締め切り:11月24日(火)までにお申込みください。

※定員になり次第、締め切らせていただきます。
※参加費は無料です(レクリエーション保険料は主催者側にて負担いたします)。
※各プログラムの持ち物や参加にあたっての注意事項などは、申込み完了後にあらためてご案内させていただきます。
※ワークショップ当日は、検証・分析、および大学公式Webサイト等での活動報告のために写真・動画撮影をおこないますので予めご了解ください(左記以外の目的で使用することはありません)。
※ワークショップの内容が、一部変更となる場合がありますのでご了承ください。